タイアップに間違いがありました、すみませんでした(@_@;)

先日の「double weave」両面織りの組織図に間違いがありました。
参考にしていただいた方、すみませんでした。
正しくはこちらです。
(参考にした本に載っているものとは違います)
a0257080_16041165.jpg
タイアップを他人のをそのまま書き写してて確認してませんでした(-_-;)
失礼いたしましたm(__)m

6本踏み木の織り機で、両端が赤のタイアップだと、
通常のタイアップのままで織れます。
(右から2番目と3番目は使いません、ので脚は広がります(^_^;))
a0257080_16310842.jpg
ソウコウのパターンの繰り返しが多いと模様の幅が広くなって、
脚のパターンの繰り返しが多くなると模様が長くなります。
裂き糸は、色を交互に入れてくださいね。

ちなみにこれは、ソウコウが3回繰り返し(経糸9本)ずつで、
踏み木もAとBと3パターンずつ織ってます。
a0257080_16355215.jpg
いろんなアレンジデザインで、素敵な織りを楽しんでくださいね(^。^)

いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ

<azukikkoさんへ>

azukikkoさんの織り機のタイアップは、
わたしが使っている織り機と同じです。
ですので、組織図も同じですよ。

ただ、わたしのは踏み木が6本なので、
通常使っている踏み木の両側にもう2本ある感じです。
azukikkoさんの織り機も6本踏み木ですか?
もし4本なら両面織りを織るには、タイアップを変える必要があります。
(タイアップはいちばん上の表です)

azukikko さんの織り機のタイアップで、
綾織りと摸紗織りの組織図を載せておきますね。

綾織り
a0257080_16522061.jpg
ソウコウを手前から1,2,3,4と順通しにして、
脚は、右から1,3,2,4の順で踏みます。
綾織りはふんわりするので、服地やマフラーに向いてます。

摸紗織り
a0257080_17041311.jpg
わたしがベッドカバーを織った織り方です。
模様のところの製経は3本ずつです。
模様のところは、AとBを必ず交互にソウコウを入れます。
織る時もAとBは必ず交互です。

説明が難しすぎますよね(>_<)
さっぱり、分かりませんよね…008.gif
今度ムービーでも勉強して、説明いたします。

説明してると、本当に自分が分かっているのかどうか、
って不安にになりますが、(^_^;)
手書きで組織図書いてたら、アナログの効果でしょうか?
頭に染み込んでいく感じでしたわ(^.^)

azukikkoさん、分からないところはどうぞピンポイントで聞いてください。
お互い頑張りましょうね~

<ルルたんの好きなもの>
紙袋…
a0257080_17343371.jpg
置いてあると入らずにはいられない…
a0257080_17341772.jpg



Commented by 落葉松 at 2014-02-04 20:01 x
ありがとうですm(__)m
画像を名前を付けて保存させて頂きました。
その内織ってみたいと思ってますので、その際には改めて教えて下さい。
ってか、ブログで大騒ぎすると思いますので、アホな事してたら叱って下さい。

ちなみに、ルルたんが入った紙袋。
S字フックか何かに引っ掛けて片手で持ち上げ、もう片手でくるくるとまわして持ち手を捻じり、切れない程度に捻じりあげたら、逆向きにひょいとまわしてやるととっても勢いよく回り、ルルたんも力いっぱい目を回します、下ろして袋から出すと、腰を抜かして斜めに走ります。
ワタシに飼われる猫は「全て」、一度はこの目に遭います。

踏み木の繋ぎ順ってのも、人によってなのか、織り機の種類なのか、違うものなんですね~!
私も6本のジャックですが、個人的な好みとして、左外が1,2,、
右外が2,3,、左2本目3,4,、右2本目1,4,、真ん中左1,3,、真ん中右2,4、、となってます。
手も足も左スタートにしてあるんですが、今回のレースから右スタートに変更するつもりでいます。

長文で失礼しました。
Commented by atelier-hinagiku at 2014-02-04 21:32
落葉松さん、お役に立てればいくらでも(^。^)

恐怖の紙袋回し!(@_@;)
落葉松さんちはハードですね~
その後の猫ちゃんたちは、また紙袋に入る勇気ありましたか?
うちのヤツは腰を抜かし過ぎて、紙袋にトラウマかも?(^_^;)

踏み木のつなぎ順は、参考にしてる本などのタイアップを真似することが多いと思います。
変化織りを織るたびに、タイアップを変更する時がありますもんね~

落葉松さんの織り機のタイアップを図に書いてみました。
並びがちょっとだけ違うんですね(^。^)

左スタートだったんですか?(゜o゜)
でも、ひとそれぞれやりやすい方がありますよね?
わたしも踏み木の順番を上からじゃなくて、下から読むことが多いです(#^.^#)

Commented by azukikko1019 at 2014-02-04 23:25
こんばんは~。
丁寧に教えて頂いてありがとうございました。
私の織り機は6本踏み木ですが、綜絖と繋いでいるのは4本です。

今まで本を見てもよく分かりませんでしたが、ひなぎくさんの説明でやっとつながった気がします。
もう1枚マフラーを織ったら、どちらかを織りたいと思います♪

また、踏むと経糸が緩む左の踏み木のひもを結びなおしてみます。


Commented by てこ at 2014-02-05 01:04 x
う~ん、いろいろ面白いです!!
ちなみに 私は、
踏み木のつなぎ順は、参考にする本通りが多いです。
読むのは上から派、足のスタートは右から派です。

Commented by atelier-hinagiku at 2014-02-05 07:58
azukikkoさん、どうも~
つたない説明ですみません(^_^;)

6本踏み木があるんですね。
だったら何か変わったのを織りたいときは、つなげばいいですね。

今度はぜひ綾織りから挑戦してみてください。
綾織りはやはり基本なので、まず4本の踏み木を使うことに慣れた方がいいと思います。

織りの世界が広がっちゃいますね(^。^)
Commented by atelier-hinagiku at 2014-02-05 08:06
てこさん、どうも~
はい、てこさんのは正統派です。
上から右からであってると思います。

そうは言ってもね、タイアップを変えるのをすこしでも減らしたいって考えるじゃないですか?
で、なんとか工夫する・・・(^_^;)と、なるわけですよ。

そういえば、ソウコウ通しも右から、左から、真ん中からってあるみたいですよ(゜o゜)
Commented by 落葉松 at 2014-02-05 12:47 x
そーかー、なるほど、通すも踏むも、やっぱり正統とされる手順ってあるんですねー。(そりゃそうだ^^;)
この道を長く歩んでる方のtextは、我流初心者には貴重ですm(_ _)m Thanks

正統を知らないから、組織図を見て、自分の足の左右順に踏みやすいように、踏み木に綜絖のひもをつないでいってます。
基本の2/2では、今まで左からスタートで外から内へ、真ん中に平織り用を繋いでました。

通すのは筬も綜絖も、250本位までは数えて右側から、300本位からは真ん中から、先に右へ進んで次は左へでやってます。

このスレこんなに長くしちゃってごめんなさい。

Commented by atelier-hinagiku at 2014-02-05 22:13
落葉松さん、どうも。
踏み木は、やはり踏みやすいようにつなぐのが正解ですよ。
不自然なのは、間違いやすいですからね(^_^;)
我流で実践されてるのは、すごいと思います!

後半の、「右から真ん中から、左へ」のところは、
すみません、分かりません(@_@;)
もう、超えちゃってるんじゃないですか?
なんか、いろんなものを(^o^)
突き進んでください。
Commented by 落葉松 at 2014-02-09 13:12 x
あ、言葉足らずな書き方でごめんなさいm(__)m

経糸が少ない時は、筬目を左右均等に経糸の数だけ数えて、
右から左方向に通して行き、多い時は、経糸を半分に分けて、
筬の真ん中から、最初は右方向に通し、その後、真ん中から
左方向に通す、という手順を書きたかったんです。

たぶんどなたでもなさってるやり方だと思って、書いちゃいました。
ごめんなさい。
Commented by atelier-hinagiku at 2014-02-09 20:46
落葉松さん、いえいえこちらこそ。

真ん中から右へ左へ、ですね?
以前、糸綜絖のときに、何度か同じやり方を試したんですが、
わたしは、ムム・・・(@_@;)できませんでした~
いつも右からなので、左からができないんです(>_<)
お恥ずかしい・・・
名前
URL
削除用パスワード
by atelier-hinagiku | 2014-02-04 17:24 | *織り日記* | Comments(10)

福岡市中央区にある小さな手織り教室、ルルたん(黒猫)はお留守番


by ひなぎこ
画像一覧