ケースメント織り上がりました

今日は織物教室の日。
ケースメントを織り上げる気満々で行って参りました。

使用している糸が麻なので、ガンガンに経糸を張らないと、
糸をすくってしまって織りにくいです。
力の限りに張ってるんですが、なかなか…
鹿児島の織り機のように鉄の棒で引っ張れたらいいのに、
今使ってるのは古いクマクラの折りたたみ織り機だから出来ない…トホホ
と、思ってたら実は出来るんですって005.gif
今日になって先生に聞いて判明しました(~_~;)
a0257080_22380460.jpg
キーっと引っ張ったら、断然織りやすくなりました。
今日中になんとか織り上がりました。
a0257080_22383423.jpg
今、水通しして干してます。
明日は、ちゃんとした画像をアップできると思います。


さて、次に取り掛かる作品ですが、まだ未定です。
ジョセフィーヌさんが絣をしましょうよ♪
と、しつこく誘ってこられます(^_^;)
もちろんわたしも絣は大好きですよ~

昨日、「日本伝統染織工芸展」を見に行きまして、
素晴らしい作品をじっくりじっくり拝見させていただきました。
絣の作品も手が込んでてとってもよかったです。
a0257080_22384113.jpg
逆にああいうの見ちゃうとね~023.gif考えちゃうなあ~
来週また考えます(^_^;)

スタジオ淑の他のみなさんのようすはこちらです。


いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村


<今日のルルたん>
仲直りしたので、またビニール袋でぶらぶらしてあげています。
a0257080_23352034.jpg
ホントにお気に入りで袋から出てきません。

ぶらぶらが終わって、床に置いても力を抜いたまま…(-_-;)
あきらめが悪いよ015.gif
a0257080_23484819.jpg






Commented by teorimonogatari at 2014-06-17 15:32
こんにちは。大分手織り物語りです。
ひなぎくさん体調は大丈夫ですか?
さて、経糸はどうやって
引っ張っているのでしょう?
持っていませんが折たたみタイプの
クマクラさんの機は知っています。
どうやっているのかな?
金具をどこかに差しこんでいるのですか?
Commented by atelier-hinagiku at 2014-06-17 21:28
大分手織り物語りさん、こんばんは。
お気遣いありがとうございます。
体調は元に戻り元気です(^。^)

機の千巻き?手前の巻き取り部分に穴が開いています。
穴に金具を突っ込んで力の限りに回します<`~´>
パンパンに張れます(^-^)
近頃の織り機はレバータイプのが多いですけど、
昔のはこの穴だけというのが多いような気がします。

でも、古いのに穴がしっかりしているのには、驚きです。
硬い桜の木を使ってあるそうです。
Commented by 織丸 at 2014-09-18 15:39 x
こんにちは。はじめてお邪魔します。
すてきな織をしていらしてとても参考になります。
今年から織を始めた初心者です。
この棒は火箸のように先が長くて織機の綜絖側の杭に引っ掛ける仕組みになっているのですよね。
どこかで売っているものでしょうか?
実は最近古い機を譲り受けたのですが、レバー式でなく、巻き取り部分の穴が何か使えるのかな?どうしたものかと思っていたのです。
こちらの写真を見て、合点がいきました。この穴は棒をさして使うのかぁと。
ただ、こんな立派な棒を探すのが一苦労ですね。
木の棒はついているので、しめ皮を作ろうと思ったら
しめ皮の皮紐も「こんな太いのなかなかないよ」と皮屋のおじさんに言われたし、やはりくまくらさんからしめ皮買うしかないのかなぁ。
でも、この穴の使い道がわかってよかったです。
昔のものってよく考えられていますね。
ありがとうございました。
Commented by atelier-hinagiku at 2014-09-18 20:23
織丸さん、こんにちは。
実はわたし、織丸さんに2度ほどお会いしております(^_^;)
アートヤーンを買わせていただきました。
織丸さんは、センスいいものを作られますよね~

鉄の棒ですね。
織り機に付いていたものなので、別に売っているかどうかは分かりません。
巻き取るときだけ棒を突き刺して回します。
ステンレスの棒など、硬いものなら何でも大丈夫と思うのですが・・・
どうでしょう?(^。^)
頑張ってくださいね。
素敵な作品を期待してます。
名前
URL
削除用パスワード
by atelier-hinagiku | 2014-06-16 23:56 | *織物教室* | Comments(4)

福岡市中央区にある小さな手織り教室、ルルたん(黒猫)はお留守番


by ひなぎこ
画像一覧